よくあるご質問

リサイクル法とは?
自動車リサイクル法とは、使用済み自動車(廃車になる車)を車の所有者・関連事業者・自動車メーカーが決められた役割と順序で適正に処理し、廃車時のゴミを減らす目的で作られました。 使用済み自動車を適正に処理する事で、金属・ガラス・ゴム等を再利用できます。この法律は、2005年1月以降、施行されています。
リサイクル料金は、いつ、どこで支払うの?

リサイクル料金は、車1台につき1回だけ発生し、基本的には以下の3つの支払い方法があります。

【1】2005年1月以降に新車を購入するとき、自動車販売会社へお支払いただけます。 【2】現在所有している車の場合、2005年1月以降の車検時にお支払いただけます。 【3】廃車時にお支払いただけます。

リサイクル料金をお支払いただくと、リサイクル券が発行されます。これはリサイクル料金を支払ったという証明になりますので、大切に保管してください。リサイクル券について更に詳しい情報は、『リサイクル券って何?』 の項目をご参照下さい。

車によってリサイクル料金が違うのはなぜ?
リサイクル料金は、自動車メーカーがリサイクルをする際にかかる費用を計算して決定しているため、車種によって異なります。また、エアバック、エアコン等の装備によっても変動します。
車の所有者が負担したリサイクル料金は、何に使われるの?
リサイクル料金は、車をリサイクルするときに障害となるシュレッダーダスト*や、エアコン、エアバッグに使用されている有害なガス等の適正処理のために使用されます。 また、リサイクル料金や廃車の情報管理にも使用されます。リサイクル料金は、大切な地球環境を守るために、自動車の所有者の役割として必要な料金である事をご理解ください。 *シュレッダーダスト = 解体・破砕後に残るゴミ
リサイクル料金は誰が管理するの?
リサイクル料金は、(財)自動車リサイクル促進センター(経済産業省・環境省指定法人)がお預かりし、厳格な管理を行うこととなっています。