極東ロシア・ウラジオストックに行ってきました Part2

無事に税関を通過し手荷物も受取り外に出ると、ワレリー社長たちが僕らを出迎えてくれました。電話ではいつもお話ししていますが、行き合ったのは久し振り。硬い握手を交わし、そして笑顔で抱き合い (注:そっち系ではありませんからね(^.^;) 外に出ますと…

 

いかした旧ソ連製?!の赤いセダンと、粋なちょっと太めの夫婦がそこにはいました。あまりに微笑ましい風景でしたので僕はすかさずシャッターを切ると、その夫婦は笑顔でこちらに手を振ってくれました。

そして、次の瞬間その横に目をやると。。。

 

 

やはり、ありましたっランクル100が!

見て下さい、この大きさの差。。迫力満点のランクルに比べなんともチャーミングなロシアンカー。ご承知の通り、極東ロシアは日本車の宝庫。ほとんど全てと言っても過言ではない位、見事に日本車だらけです。しかも、そのほとんどが日本市場から中古車が輸出されているのです。

現地ではランクルは富と名誉の証しで、ほとんどの富裕層はこのランクルやレクサスの4駆を乗り回します。メルセデス、BMW等の欧州車のセダンはほとんど見当たりません。4駆の多さにはビックリ致します。

土地柄、道路事情、そして天候。国が変わるとこうもニーズも変わります。我々の尺度では世界や文化など、到底語る事は出来ませんね。

街中を走る環境にやさしい電気バス。周りはやはり日本車が走ってますね

 

数年前に、ロシア政府が右ハンドルの輸入規制の方針を打ち出し、見事現地の方の団結パワーでその規制の撤回に成功しました。なぜ政府が打ち出した規制を撤回出来たのか、今回、訪問してみて自分なりに納得出来ました事は、

極東ロシアではすでに、これら日本から送られてくる車両のビジネスがあるゆる層で形成されており、それはついにこの土地で文化となって根付いているということなのだと思います。

こちらではこれだけの車両が出回っておりますので、自動車補修部品のニーズも年々益々高まる事と思いますが、反面、中国製や台湾製の安価な新品補修部品も、相当出回ってきているのが実情です。

今後我々中古パーツのサプライヤーとしては、純正中古部品のあらゆる面での高いパフォーマンス性をいかに引き出し提供出来るか。この辺が今後の課題になってくるのではないかと思ってます。

また、環境の面からも考慮した戦略づくりが今後益々必要になるでしょう。

ついつい熱く長々と書いてしまいます…この辺で今回は終了させて頂きまして、次回パート3を引き続きご紹介させて頂きます!

 

 

極東ロシア ウラジオストックに行ってきました Part 1

先週12年振りに極東ロシア・ウラジオストック市内にある、お得意先のワレリー社長の会社に訪問して参りました。ワレリーさんとはもうかれこれ、14年程取引きさせて頂いてます。お互い良い時も悪い時も支い合え、何とかここまでこれましたね。とても頼りがいあるよき友で相談相手です。同社は極東ロシアにおける、中古パーツ輸入業者のパイオニア的存在で、今やウラジオ市内でもトップクラスに君臨する中古自動車部品の輸入業者です。

ウラジオストック航空の飛行機。前回訪問した時はプロペラ機だったので、結構怖かったのを覚えてます。何しろプロペラの音もうるさかったな~。それから思うと今回の飛行機は、格段のグレードアップでしたよ。でもっ、しかし機内は暑かったなぁー…

今回、エコアールが所属しているTCRグループの海外研修の場として、ウラジオ視察が抜擢され、総勢20名以上の団体で合計4日間行って参りました。僕が留守の間、何事もなく平穏無事に会社を守ってくれたエコアールのみんな!いつもながら本当に感謝申し上げます。

そして、今回何から何まで段取りして頂いたワレリー社長、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

ウラジオストック国際空港です。こじーんまりとした素朴な空港です。

今回のウラジオ視察は何回かシリーズに別けて報告させて頂きたいと思っております。結構色々な事が見れましたのでみなさま乞うご期待!

・・・って、誰も期待なんかしてないかぁ~(T_T)/~~~

でも!報告する義務があると勝手に僕は思いこんでますので、心の広いみなさん、ぜひ今後ともお付き合い下さ~い!

何に見えますか?

この画像を見て、皆さん何に見えましたか?

よーく見てみて下さい。

そうです、これって自転車の山なんですょ。中央にイスが二つ見えると思います。いかに積み上げているかが良くわかりますよね。

このスナップはですね、今からだいたい10年位前でしょうか、カンボジアに行った際に撮影したスナップです。

このような状態で果たして売り物になるのかどうか、我々の感覚ではちょっと理解に苦しみますが、実はここ、当時自転車の卸売業者のヤードだったんです。ここのヤードにはこのような自転車の山がいくつもありまして、彼らの売り方って一見すごく荒いのですが、この一山でいくらで買いますか?買えなきゃいいよ、他行ってね!っていうノリのビジネスを当時展開しておりました。ですが、逆を言うとすごーくシンプルなんですね。

ではなぜ、彼らがこんな強気な商売を当時出来ていたかわかりますか?

そうですね、ピーンと来た方正解です。

ズバリ! MADE IN JAPAN だからです。

舗装無き道をノーヘル&二人乗りでかっ飛ばすカブ号

ものづくり王国日本。我々はどれ位MADE IN JAPANというブランドの名の下の恩恵を受けて生活しているでしょうか。資源貧国日本だからこその技術に懸ける熱い思いを感じます。

しかし、どんなに良い技術があったとしても、その製品をつくる素材がなければその製品はつくれません。

「使用済み自動車」はいわば素材の宝庫。リユース、リデュース、リサイクル。今後益々それら素材やパーツを供給する我々の立場は重要になり、そして頼られる存在となるでしょう。

足りないだらけで未熟者で、中々皆様のご要望をすべて満たすことが出来ていない我々エコアールですが、熱い思いは負けません!

少しでもみなさんに頼っていただけるように、またお役に立てれるように、社員一同一丸となってみまさまを応援させていただきますのでよろしくお願いします(^_^)v 

 

 

 

 

 

エコアールの底力

自動車解体一筋30年。親子2代に渡り勤務頂いています、こちらは我れらがエコアールが誇る最強戦士の一人、山田力(つとむ)さんです。気のやさしいシャイなおやじですが、自動車の解体をやらせたら右に出るものはいません。匠の技がキラッと光ります。

どうですかっ?この凛々しい自信に満ち溢れた風格。さすがは最強戦士の一人!

車の解体は何でもオレに任せろぃっ!by T.Yamada

普段は使用済み自動車を解体する現場で働いていただいてますので、中々みなさんの前に出ることはありませんが、彼らこそがエコアールの最高の財産であり、そして宝なのです。暑い日も、寒い日も、風の日も、雨の日も、当たり前のように、文句一つ言わずに、毎日毎日頑張ってくれています。

エコアールにはこのような素晴らしい仲間がごっそりいるんですょー。だからみんなお互いにがんばっちゃうんですょねぇー。

今後も機会を見て、エコアールが誇る最強戦士たちをこの場で紹介していくつもりです。スタッフのみなさん、もしも僕がカメラを持って近付いて行ったら要注意です!逃げずに対応して下さいねー(^-^)//

エコアールスタッフ以外のみなさま、すみませんっ自慢話しをしてしまいまして…!

ついついですからお許しく下さい。

でも、今後もまだまだ紹介させていただきますのでお付き合い下さいね!(^^)!

家庭菜園

自宅の片隅にあるとても小さな家庭菜園。家内が愛情掛けて(ある意味わたくし以上に…)育てている野菜たち。こちらはご覧の通りトマトの子供です。これから時期が来ると、食べきれないほど実がなるんですよ。もちろんこだわりのオーガニックです。今の所虫食われはなく順調に育っております。

こちらはサニーレタス。もう旬は終わりのようですが、シャキシャキと美味しく頂いておりますよ。やはり旬のモノを地でいただく事がいいんですよね。太陽エネルギーのみで育つ旬の野菜を輸送コストを掛けずにその場で食すことが、地球にもカラダにもいいんですよね。

みなさん、どうですか?土いじりって何かこう幼い時を思い出しますよね。土の匂いや温もり、そして手触り感。何かいいんですよねー。

我々エコアールの夢の一つとして、自動車リサイクル業を通じて、衣食住に貢献できる仕事を実現したいというのがあります。えっ!?自動車解体で何で衣食住なの?!と、思われるかも知れませんが、実は使用済み自動車は素材の宝庫。可能性が果てしなくあるんですよね(^u^)/

ドキドキ・ハラハラ・そしてワクワク。

仕事を楽しむキーワードです!

 

紙おむつをリサイクルしてエコ活動!

紙おむつをリサイクルという記事が、本日の朝刊に掲載されておりました。タイトルを読んだ瞬間、臭いは?!収集運搬方法は?!リサイクルプロセスは?!品質管理は?!販売手法は?!と、すぐに考えてしまったのは多分、僕だけではないと思います。

しかし、考案者の長武志さんは素晴らしいお方ですね。何しろ発想がすごいです。視点が素晴らしい。何しろ紙おむつのリサイクルですからね!多分超ニッチ産業ではないでしょうか?でも一番素晴らしいのは、その発想を具体化され、実用化されたその熱意だと思うんです。

きっと、実用化したいその気持ちが福岡大学の松藤教授の心を動かし、必ず実現するんだというその熱い心、熱意が、数々の困難にも向きあえ、それらの壁を乗り越えることができた、そして実用化に至ったのだと思います。

それらの栄光を陰でずっと支えてくれている社員16名、きっとさらに素晴らしい方々なのでしょうね。

今後の同社の動向が気になりますね。

紙おむつをリサイクル。一見ありそうでなかった。やっていそうで誰もやっていない。大変そうだけど実は意外や意外、読んでみると意外と出来そう。こんなことってエコアールの業界にもきっと多く存在するんでしょうね。業界の常識を非常識として捉え、パイオニア精神を育み、みなさん、ともに開拓者魂で行きましょうよ(^v^)//

そうです、我々は常に開拓者であり、挑戦者です。

ある意味究極のエコトイレ!?

みなさん、この画像見てなんだかわかりましたか?よーく見てみて下さい。

何がエコかと申しますと……….

 

そうなんです!オープン便器です!ドアも壁もない広々設計!開放感ばっちり!

これが噂のニーハオトイレです!!中国にはまだこの様な昔ながらのトイレが残っているんですねー(^-^;)

お隣の方と楽しく会話しながら○○を済ませ、世間話しも花が咲き、さわやかな香りやロックンロールもついでに楽しめる究極のトイレなんです。扉が無いから製作に掛かる材料代も不要、扉が無いから壊れても修理代不要、そうじもラクラク簡単、いいこと尽くしです。

どうですか?みなさん!楽しそうですよね?気合い入れて挑戦してみますかー?

P.S たまにはこんなブログも掲載してみます。

今朝の出来事

今朝の大雨ひどかったですねー。みなさんの地域はどうでしたか?ここ足利市では確か4時半過ぎ位から、大きな雷鳴と共に雨足が強まりました。6時位がピークだったのではないかでしょうか。やはり温暖化が影響しているのでしょう、最近季節外れの自然災害が後を絶ちません。

 

さてそんな中、今朝ある出来事が起きました。普段は一番乗りして、事務所をせっせと掃除しているエコアールの番人、奏夢部(総務部)のボス、岩崎部長の姿がみえません。40度の高熱でも会社に来る、隠れド根性ヤローが無断でいないなんてありえない、これは何かあったな!?と、すぐにピーンと来ました。

 

すると、あるスタッフが叫びました、

岩崎部長の車が道路上で水没したそうだぞっー!

そうです、お隣り太田市でも集中豪雨に見舞われ、あちこちの道路が水没していたのです!

一瞬、事務所内はどよめまきした。するとまた、すぐに別のスタッフがっ…

すぐにレッカー出動致します!

ところが、岩崎部長は迫りくる水圧にも負けず、なんとすでにJAFを手配し、自力でドアを開け避難したんです。(気を使わないでいいんですよ、僕たちこれが本業ですから!)

 

・・・時は流れしばらくすると、

ピッーピッーピッー、、レッカーにひかれ、環境にやさしい新車のシビックハイブリットが事務所前の駐車場にやってきました!

JAFのドライバーさん、雨の中ご苦労様でした。 

 

 

 

 

 

 感慨深く見つめる岩崎部長…

俺の愛車が….

外見は何も変わらないのに、水が車の半分まで来ちゃったらエンジンもだめだよな…こんな悲しい顔を僕は今まで見たことありません。

 

  

 

思案に暮れる岩崎部長と、愛車シビック。。。

 

でも大丈夫ですよ!元気出して下さい!僕たち仲間がついているじゃないですか!車の1台や2台、どうってことないですよ!裏の工場に行けばいくらでもあるじゃないですか!(解体車ですが..)

 

・・・さて、気を取り直して、毎日取り扱う事故車や使用済み自動車。多い時には200台を超える解体処理をさせて頂いているエコアール。そして、一台一台こんなにも熱いドラマがあることを、今朝改めて学ばせて頂いた、我々エコアールのスタッフ。やはり、一台一台に感謝の気持ちを込め、一台一台取り扱い、ありがとうの気持ちを車たちに伝えていかなければいけません。

それを体を張って、財布を張って、教えてくれた岩崎部長。ありがとうございました。さすがは岩崎部長!頼もしい存在です、これからもがんばりましょうねー(ToT)/~~~

 

これは主役でしょうか?それとも脇役でしょうか?

皆さんこの画像を見て何と感じるでしょうか?・・・って、感じるも何もただのパセリしじゃないですか?って思った方も多いと思います。でもこの画像よーく見てみて下さい。何かこう堂々としてませんか?生き生きしてませんか?ある意味主役っぽくないですか?

普段は何気なく料理に添えられているパセリ。でもそのさりげなさが名脇役を感じさせます。色がまたイイです。パセリあってのメインディッシュ。肉料理も魚料理もそして何の料理も、パセリがそっと添えられてキラっと光るのです。逆を言うと、このパセリが無いとメインディッシュは光りません。何かこうしまらないんですよねー。

会社組織とか、社会って意外にこんな感じしないですか?みんな主役で、ある意味脇役。誰もが晴れ舞台で活躍しています。でも、みんな結構自分自身の重要性とか、必要性とか気付いていない人が多いんです。この世に不要な人はいないんです。みんな必要な人だから、この世に生を享けてきたのです。だからみんな自信を持ち、もっと何事にも積極的に参加していきましょうよ!

 

そして、最後に!

パセリは残さず食べましょう!敬意を払って! 調べて下さいパセリの効能。素晴らしい野菜/ハーブ?です!

地域清掃活動

この画像は決しておりの中のゴリラじゃありません(ゴメンな工藤っ、この場を盛り上げるためだから許してくれ!)スーパーフロントマンの工藤の逸話は後日のブログで紹介します。(撮影場所は陸橋下です)

さて、月に一回、エコアールでは第一土曜日に全社員で地域清掃をやってます。旧工場の時から続けているのでかれこれ7~8年は、やっているのではないでしょうか?女子社員からの提案で、この地域清掃活動が始まり、今では社風となり定着化致しました。

我々の仕事は地域のみなさまのご理解があってからこそ出来る仕事ですので、心を込めて毎回やらせて頂いております。地域あってのエコアールです。

こんなん出ました~(;一_一)

長靴履いて、気合い入れてドブ川から何やら怪しげなゴミを収拾した斉藤!エライゾ

でも、写真撮る時はきちんと目を開けような(^.^)/~男前が台無しだから!

あっ、カメラマンの腕が悪いのかっ!

 

・・・また話しが飛びましたが、ある新入社員が最近こんなことを僕に言ってくれました。僕は今まで車中からタバコをポイ捨てしていました。。でも、この早朝清掃に参加するようになってからはもう止めました。これからはもうしないようにします。

彼は今までその行為事態が悪い事と、うすうすはわかっていても、止めようとはしなかったのだと思います。なぜなら、俺位はいいだろう、誰かが拾うだろう、俺には関係無い、などの理由で。でも、彼はこの活動に参加するようになってから気付きました。そしてもうやりませんと言ってくれました。

 

このスナップは我がエコアールが誇る最強軍団の総帥こと、国内部品部・部長の横山(つなぎ)僕の右腕です!と、同じく国内部品部販売課の元気番長、寺内班長(Yシャツ・Rタイムスの編集長でもあります!)の2人です。二人ともサイコーの笑顔でいいですよねっ。でも、寺内くん、最近ちっと腹ですぎーっ??あっ、俺もかっ

 

・・・さて、そうです、気付いた人から、出来る事を1つずつやればいいのです。そして、このような輪が広がっていくことにより、地域がエコになっていき、エコ地域の集合体が日本になり、そして地球となっていくのです。押し付けではなく自ら気付いて行う行動こそ本物で、継続できるものなのです。

しかし、一方で中々ゴミが減らないのも現実。地道にみなさんやっていきましょう!