景色

みなさんいかがお過ごしでしょうか? しかし暑いですね・・・エコアールの工場ではこの時期本当に暑くなります。現場で働く猛者たちは、この暑さと勇敢に戦っています。そして、無料で毎日ダイエットを敢行し、筋肉隆々のボディーに磨きを掛けます。そして海や山で女性たちの視線を釘付けにするのです。

バカな事を言ってる場合ではなく、本当に現場のみんなには頭が下がります。いつもありがとう、こうして会社が運営して行けるのもみんなのおかげです。もう少し頑張ればお盆休みに突入です。夏バテしないように健康管理をしっかり行っていきましょう。

さて、主題に書いた景色。今回は一般にいう景色の事ではなく、普段我々が見慣れている景色(家庭や職場)の事を少し考えてみたいと思います。景色の意味を辞書で調べてみますと、

観賞の対象としての自然界の眺め。風景。

と、出てきます。しかし、今回考えてみるのは見慣れた景色をマンネリとか、悪い習慣に置き換えて考えてみたらどうなのか?という事です。例えば、1日の多くの時間を過ごす職場や家庭。見慣れた景色を新しい観点で見て行く事は中々難しいものです。

どうしても毎日同じ場所で同じことをしていると、自分の考え方がその景色に同化してしまいます。何が言いたいのか。それは、良くないことを良くないと気付く事が難しくなってる自分がいる事に、気付かない自分になってしまっているという事です。また、気付こうとしない自分になってしまっているという事に気付くがとても重要だという事なのです。

ではどうしたらこのような事を改善できるのか考えてみましょう。

ワタクシが考えるのに、方法はいくつかあるんだと思います。

先ずは、客観的に見れる工夫をする事です。客観的に見るとは、金魚鉢の中の金魚の視点で絶えず同じ風景を見るのではなく、金魚鉢の中の金魚を外から見れる自分になる事です。視点・視座を変えて見れる自分になる事。具体的には、写真を撮ったり動画を取る事で、自分自身や自分の身の回りを客観的に見る事が出来ると思います。

次に、変化を付けて行く事です。他を見る事も大切ですが、先ずは席替えや職場での作業配置を検討していく事です。思い出して下さい、なぜ学生時代席替えをしたのでしょうか?それは自分の好きな人と隣りになれるかもしれないという期待を先生が持たせてくれていたからです。

そんなことではなく、多分ですが席が替わると景色が変わるからです。隣に座る人が変われば、会話の内容も変わってきます。そうすることによって人の見方とか考え方が変わり、出てくるアイデアも変わってくる。きっとこんなことを学校側は考えていたのではないでしょうか?

思考の固定化。これは一番怖い事です。人間は新しいことにチャレンジすることより、今までと同じであることに安心感を持つものだそうです。そのため、人間の思考は無意識に固定化されてしまうそうです。

そうならないためにも、先ずは見慣れた景色をどうやって新しい景色として見れる自分になれるかを考え実践して行きましょう。さぁ、今月も残り僅かです!皆さん頑張って行きましょうね~(^_^)/

裏に道あり

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?いよいよ梅雨も明け夏本番の季節がやって参りました!ここ数日は涼しく過ごしやすい日が続いていますが、暑いのと寒いのが苦手なワタクシ(ただのワガママですか?!・・・)には、一番こたえる季節になってきたわけです。いずれにしても健康管理、しっかり行っていきましょう!

さて、以下の文章はランチェスター戦略を基盤とした営業戦略づくりを教育指導する
コンサルタントの福永雅文さんの解説です。

————————————————————————–

「裏に道あり」

大きくて成長性の高い市場で
皆がよく知っている華やかな流行り品を取り扱い
手間のかからないスマートな売り方で営業をしたい。

と、多くの人は考える。

したがって
市場が魅力的であればあるほど、競争は激化する。

強者はそれでよい。
しかし、規模に劣る弱者が、それで勝てるか。

弱者は小さな市場で
地味だが一定の支持があり、必要とされ
手間がかかり面倒な売り方を
しなければならない品物を扱うべきだ。

多くの人が嫌がる、見向きもしないビジネスは
参入者が少ないので、競争はゆるやかだ。

そこに徹し、極めれば、 ” 独壇場 ” だ。
————————————————————————–

どんな企業を強者といい、どんな企業を弱者というのかは福永さんの本を読むとよくわかります。でも、今の時代も昔の時代も、絶対の強者が存在する事はありません。それは歴史が証明してくれているし、何よりここ最近の大企業の事例を見ていれば理解できます。

商売にウルトラCはないという事ですね。独壇場は我々次第でいかようにも創れるものとワタクシは信じています。どんな商売であれ、どんな業界であれ、お客様に頼られ、支持され、そして愛され続ける仕事が出来る事を独壇場という事だと思っています。そのために今、そしてこれから何をすべきかだと思います。

さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^_^)/

成長と誇り

みなさんいかがお過ごしでしょうか?1週間が過ぎるのが本当に早い今日この頃です。これも老化現象の始まりでしょうか?ちょっと怖いくらいです(笑) さて、先日ある方から、こんなお話しを頂きました。
.
自分が成長しようと思うと、他人の良いところが見えてくるんです。でも、自分がラクをしようとすると、他人の悪いところが見えてくるんです・・・心とは正直なものなんですよ、自分さえ良ければいいと思うと相手が見えなくなってきて、逆に相手の悪いところだけが見えるようになってくるんです。
野球の監督をやっていた方から、こんなお話しもいただきました。
.
” プライド ” とは個人のためにあるもので、” 誇り ” とはチームのためにあるものです。
この話を聞いた時思いついたこと、それは四番バッターがバントをする場面や剛速球のピッチャーが敬遠をする場面、そして何よりベンチで一生懸命グランドで戦っている選手たちを応援している控え選手です。
.
成長と誇り。一見関係なさそうですが、今回のお話しを通じての共通点、それは相手をたてる事、そしてなにより人間一人では何もできない事、そして何かを成し遂げて行く時は、チームの力でしか成し遂げて行けないことを教えてくれているのではないでしょうか?
.
さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^_^)/

肉食系で行こう!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?どなたか日本の政治の行方を知ってる方、教えて下さい・・・でも、進まない政治を嘆いてみても仕方がないので、我々だけは今日も元気モリンモリンでがんばって行きましょう!

さて、考え方ひとつでこんなに人生楽しくなっちゃうって事を今日は少し書いてみたいと思います。例えば「5年後、この会社はどうなっているんだろう・・・」と憂えるより、5年後、この会社を世界一にしてみせるぞっ!て考えてみる。

例えば世の中の独身男性が、俺はこのまま結婚は無理だろうな・・って諦めるよりも、3年後は必ずミスジャパンと結婚するって心に決めてみる。

同じ時間をどのように考えるかで全く違う結果が出て来るものだと思います。人間一人ひとりに平等に与えられた同じ時間、同じ人生。ただ過ぎ去る時を刻み、そのまま過ごしていては一度きりの人生、あまりにももったいないです。

俺にはそんなこと関係ない、そもそもそんなこと考えたくもないし、このまま気楽に暮らした方が無難だって人もいると思います。確かにここ最近、草食系男子が増えているともいいます。草食系男子とは心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のことを言うそうですが、あえてワタクシはこう言いたい。

肉食系で行こう!

ガツガツ働いてガツガツ喰べてガンガン呑む!失敗を恐れずどんどん恥をかき、汗と涙をいっぱい流す!人より多く働き人よりいい服を着て、人よりいい車に乗る!健全な欲ならどんどんかく!ワクワクする事が、人生をドキドキしてくれるし、なによりモチベーションにつながって行くんです。

俺には大それた夢なんかないし希望もない。だから平凡でいいんだよ。って方、本当にそうでしょうか?今までとは違う人生が考え方ひとつ変えるだけで、自由な気持ちで自分の未来を描くことができるようになるんです。ワクワクがイキイキになって、イケイケになるんです。

こんな時代です、大いに肉食系で行きましょう!日本はまだまだ沈みません。近隣諸国にも負けません。我々が日本を元気にして明るい未来を創っていくのです。ちょっと大きなことを書き過ぎました・・・^^; いずれにしても、志は高く、頭は低くで頑張りましょう!さぁ、今週もハリキッテ行くぞ~(^_^)/

自然のアートに感激

みなさんいかがお過ごしでしょうか?アラフォー世代まっさかりのワタクシは、相変わらず忙しく動き回ってます。昔から落ち着きのない子供でしたので、じっとしているのが何しろ苦手。少しは落ち着きじっと腰を据え、世の中を見渡す時間も必要なのでしょうが、動けるうちはガンガン動いてビンビン行きたいと思います(ビンビンってなに?!苦笑)。

さて、下の画像をご覧ください。この画像は先日シドニーに行った際、車中より撮影したものですが、とにかくこの自然がつくりだしたアートに感動してしまいました。沈みゆく太陽の光が雲を照らし、何とも素晴らしい景色を演出していたのです。

この美しい景色を見て自称ロマンチストなワタクシは(ナルシストとも言うらしい)、勝手に思ったのでありました。この美しい地球を守りたい。そのために出来る事なら一生懸命やらせていただきたい。我々のミッションは、自動車リサイクル業を通じて地球社会に貢献していく事です。

目の前を見渡せば、それはそれは問題だらけ。時として投げ出したくなる時もあるものです。しかし、大いなる夢や目標、そしてぶれない志がある限り、心は折れないし潰れません。良い事も上手く行かないことも悩みも全て共有していくことが大切です。チームエコアール、共にがんばって行きましょう。さぁ今週もハリキッテ行くぞ~(^_^)/

美味しい食は元気の素

みなさんいかがお過ごしでしょうか?先日20数年ぶりに高校の時の同窓会に参加してきました。多少の誤差はありましたが誰もが平等にオジサンとオバサンになっていましたので、ビジュアル的な事はここでは控えますが(苦笑)、おかげさまでとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

さて、主題に書いた 美味しい食は元気の素。これから夏本番を迎えるこの季節。やはり元気がなければ暑い夏は乗り切ることは出来ません。そしてその元気の源は、何と言ってもよく食べよく働きよく寝てそして遊ぶ事です。

食べる事も働く事もそして寝る事も楽しむ事。楽しんでやる事で、効果は倍増していきます。反対にどれも楽しんでなかったら、効果は半減どころか周りの人達までに悪影響を与えてしまいます。

自分を成長させるには、身体と心に栄養を与えることです。楽しむ事で前向きに取り組んで行けます。楽しむことで勇気と元気も沸いてきます。楽しむことで困難は困難でなくなってきます。そして何よりそれらを下支えしてくれるのは、一人ひとりが持ってる夢と希望ではないでしょうか?さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^_^)/

贅沢は敵か味方か?

みなさんいかがお過ごしでしょうか?先日街中を車で運転してた時、なんとエコアールキャップをかぶったかわいいおじいさんとおばあさんが、リュックを背負って楽しそうに歩いているのを見かけました。なぜエコアールキャップをかぶっていたのか未だに疑問ではありますが、とても嬉しかったので報告します。

さて、贅沢という言葉を調べてみますと、

必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。と、あります。また英語では 「luxury」と訳します。たしかに luxury は、「贅沢」という意味ですが、我々日本人は「贅沢」という言葉にネガティブなイメージを持つ場合が多いです。しかし米国人は、luxury という言葉に同じようなネガティブなイメージは持たないようです。
例えば我々が「贅沢だな~」とか「贅沢ね~」と言いますと、日本人は「贅沢」という言葉を皮肉的に使う場合がありますよね。贅沢はいけないこと、質素こそ素晴らしい、慎ましくあるべきだ、という心理が我々日本人の根底にあり、また我々はそのように教わってきたからだと思います。

しかし、米国人がluxury と言う場合、それは、「立派だ」「豪華だ」、「贅沢だ」、という意味でしかなく、ネガティブな含みは全くないようです。文化の違いといったらそれまでですが、我々日本人も、たまには「贅沢」も必要だと思うし、贅沢は心の栄養としてなくてはならないものではないでしょうか?

贅沢とは、一人ひとりの心が満たされ心地良い時間を過ごせることを贅沢というのだと思います。お金やモノだけではなく、大切な人と一緒に過ごせたり至福の時を過ごす事こそが贅沢ではないでしょうか?
.
さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^_^)/

工夫次第です!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?そろそろ梅雨入りのようですが、梅雨入りの声を聞くとワタクシの花粉症も終息へと向かっていきます。これから秋が終わるまで、そういった意味では快適な時期に入って行くわけです。

わかるかな~ わかんねーだろうな~ (古すぎ?!)

さて、モノがあふれている日本で育った我々は、中々自分で道具を作る事なんてありませんね。道具は与えられるもので自分で作るなんて概念すらないのではないでしょうか?そこで下の画像をご覧ください、この画像を見てみなさんは何の道具だと思いますか?大きさはだいたい15㎝位だったと思います。

一見、トンカチに見えますが違うようです。ハエ叩きにしてはちょっと都合が悪そうです。ウソ発見器とは程遠く見えます。では何でしょうか?ヒントはレストランにおかれていました。

回答は次回のブログで!と、言いたいとこですがそこまで引っ張るものでもないので、正解を書きます。これ、なんと、 「栓抜き」 なんですよ!言われてみるとなんとなくイメージできるのではないでしょうか。ネジの出っ張りの部分を栓にあてて、シュポッ!と栓を抜くわけです。

お金を出せば何でも買える世の中です。でもちょっと視点を変え、ちょっとした知恵と工夫と身の回りにあるもので、こんなことも出来るんですね。我々が忘れていた「エコ活動」の原点がここに有るかも知れません。さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^_^)/

祝!三和会

みなさんいかがお過ごしでしょうか?この時期の立て続けのゲリラ豪雨。ゴリラ豪雨とは良く言ったもので、ウフォウフォと本当にものすごい勢いで降り続けます。バカな事言って無いで本題に戻りたいと思いますが、くれぐれもみなさん身の回りには気を付けて下さい。

さて、先日おじ夫婦と従兄弟が運営している 社会福祉法人三和会 の35周年記念並びに、 特別養護老人ホームの山笑(さんわ) 竣工記念式に出席して来ました。

「基本的人権の尊重」と「人は差別をしない・されない」とする社会づくりのため、障がい者福祉を通してこれを実践し、貢献していきます。 福祉サービスを利用する皆さんの「人としての尊厳」にふさわしい環境と、多様なニーズに対応できるサービスの提供を旨とし、新たに動き出した障がい者自立支援法の意図する「福祉から雇用へ」の実践に積極的に貢献し、可能な限り挑戦します。

これは三和会の理念です。この理念を一貫して曲げることなく歩んできた三和会は、身内とは言え感銘を受けます。そして何より35年間もの間、実践してこれたバックボーンは、やはり縁の下の力持ちである、職員一人ひとりのみなさんの並々ならぬ努力ではなかったのではないかと思います。

弊社会長も3代目理事長として15年間、三和会を支えてきました。(左側:感謝状を読んでくれている現理事長の藤沢敏孝氏、右側:弊社会長の石井正勇)

「人」によって「人」を支える。 言葉で言うのは簡単ですが、これが知的障がい者となると少し話しが変わってきます。ワタクシも幼少の頃、よく父に連れられ施設に遊びに行きました。最初は受け入れる事が出来ず、戸惑ってばかりいたことを今でも思い出します。

ところで日本における年間の自殺者って何人いるか知ってますか?驚かないで下さい、1998年以降、毎年3万人を行ったり来たりしてるんです。これって東日本大震災で被災されてしまった方々の人数を遥かに超える数なんです。

もちろん、そこに至るまでは様々な理由があったからこそであり、軽々しくワタクシがこの場で言えるものでないことは理解しています。しかし、上を見たらきりがなく、下を見てもきりがない。自分が「幸せ」かどうかは、常に「他人」が決める事ではなく、「自分」が決める事です。そして、それは自分の「心」が決める事だと思ってます。

では、「幸せ」とは何か? それはどんな状況であれ、 「心」 が満たされている状態の事を言うのではないかとワタクシは思ってます。

ここで言いたいのは何か。それは、我々はそのようなこと全てを自分自身で考えられるという事。命の重みを理解できるという事。そして何より困った時は、相談する相手が必ずいるという事なんです。では、知的障がい者の方々はどうでしょうか?・・・こんな事も考えてみる必要はあるのではないでしょうか?

未来の福祉を熱く語るまさしくん、まさしくんなんて言ったら怒られるか(笑)。三和会を支える藤澤家長男です。ワタクシたちは、自動車リサイクラーとして頂点を目指します。まさしくんたちは、施設を利用する方々全ての心と身体の支えとして、頂点に君臨する福祉を目指して頑張って下さい。

当日の会場の庭にあった噴水です。三匹のカエルが仲良く水遊びしていました。三和会の名前の由来って何だろう?そんなことを考えさせてくれたカエルたちでした。

明るい未来は向こうからはやって来ません。我々が自らの手で創りだして行くものです。さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~ (^_^)/

日本車の威力

みなさんいかがお過ごしでしょうか?先週は金環日食や東京スカイツリーの話題で日本中がフィーバー(オヤジ語でしょうか?!・・・)しましたね!珍しい事や新しい事には誰もが興味を持つ事は当然ですが、先日とある国に出張してきまして、日本車の底力を改めて認識させて頂きましたのでちょっと触れておきたいと思います。

置ききれない程のエンジンやパーツたち。地面に置かれているのは何十年も前の日本車の中古パーツです。天井からも多くの部品が吊り下げられ、パーツの中心で昼間っから寝ているオッサンはこのお店の亭主です。昼間っから寝ているのですから、よほど儲かっているのでしょう、わたくしが入ってもビクともせずコックリこっくり夢心地でいました。

商品の見せ方や接客方法、ましてや安全や5Sなんてどこ吹く風。これで商売やって行けるのですからたいしたものです。ではなぜなのでしょうか?誰もが疑問に思うのではないかと思います。答えは簡単、日本の中古パーツのブランドネームと品質のおかげなのではないかと思うんです。

ものづくり大国日本。我々は安心安全な車づくりをして来た先人たちの恩恵のもと、今、こうして世界にビジネスを展開させて頂いてます。海外に出ていつも思う事、それは日本に生まれてよかったって事、そしてこのビジネスに巡り合わせて頂いた事に感謝なのです。

一般的にリサイクルやリユースに必要な技術はローテクであり、基本的な施設や機材などが整えば、あとはオペレーションとビジネスモデルの勝負になってきます。ですからこのオペレーションが何より大切になってくるわけです。そして役員のみならず社員一人ひとりの考え方やモチベーション、そして何より行動がとても重要になってくるわけですね。

既存の仕組みを進化しつつ、そして新たなビジネスモデルにも果敢に挑戦し独自のビジネスモデルを追求し具現化して行く。そしてオンリーワン企業を目指して行く事。これこそが今後始まるさらなる厳しい市場で勝ち残って行くため術だと思ってます。

さぁ、今週もハリキッテ行きましょう~(^o^)丿