コストをまかなう方法を考える

みなさんいかがお過ごしでしょうか?コロナ感染症の状況が思った以上に芳しくなく、大都市では更なる感染の拡がりが続いております。 岩手県内でも新規感染者が確認され、一方では偏見や差別、誹謗中傷も散見されるようになってきました。

エコアールが所在する栃木県 足利市内でも感染者はまだ1人という事で、これはある意味岩手県の事例に似通ったところがあると思います。罹らない事が何より大切ですが、もうこのような状況では、いつ誰が罹ってしまってもおかしくない状況となってきました。引続き 大人としての行動とモラルが求められていますね。引続き十分健康管理をして参りましょう。

さて、コロナ禍による経済への影響は、観光、飲食、宿泊業を始め、多くの業種業態へ拡大しつつあります。仕事量の減少から、多くの企業が休業せざるを得ない状況となっており、週休三日、四日と雇用の調整をしつつ、何とかリストラすることなく、企業の存続をしているのが実情です。

その土台を支えているのは雇用調整助成金制度です。しかし、現状では、この制度も9月末をもって終了となる見込みです。公明党や野党からは、この制度が九月で終了してしまった場合の日本における経済へのダメージは甚大なものになるとして、来年3月末まで延長するよう、政府にお願いをしているそうです。

いずれにしましても、油断大敵、引続き情勢注視が必要となってます。そして、このような状況下にて、中々売上げアップが見込めない今、こんな事を考えてみるのもいいと思います。

足利市にある織姫神社

「コストをまかなう方法を考える」

1.顧客に快く上乗せ料金を支払ってもらう 例:新幹線のグリーン席、ベンツなどの高級車

2.コスト削減がサービス向上につながるようにする 例:ETC,ATM

3.サービスの向上がコスト削減につながるようにする 例:宅配便の時間指定サービス

4.顧客に仕事をしてもらう 例:ガソリンスタンドのセルフサービス、空港のチェックインカウンター

どうでしょうか? 自社、自分の仕事に置き換えた場合、何かヒントはありませんか? ピン!ときた方、即実践ですね。さぁ、梅雨も明け、夏本番の季節となってきました。ビアガーデンでキンキンに冷えた生ビールをパーッと飲んで、キャバクラで大いにはしゃいで行きましょう!(妄想オンリー(笑)

考えてみる

みなさんいかがお過ごしでしょうか?ご無沙汰してしまいましたが、 長い自粛要請生活が解除され、ほっとしていたのも束の間、またまたコロナ騒ぎが再燃して参りました。一体いつになったら元の生活に戻れるのだろうかと誰もが同様の思いを抱えていると思います。しかし、みなさんもすでにお気付きの通り、コロナウイルスとの付き合いは長くなりそうです。引続き対策を講じ、自分自身や大切な人たちの安全と命を守って参りましょう。

出張も外出も激減した今年、色々なことを考える機会が増えたと思います。ワタクシも色々なことを考えています。ただ考えているだけでは何も変わらないのですが、考えた事を少しずつ具現化して行く事で、自分たちが置かれている「風景」も変わってくるかもしれません。

例えばですが、自社/自分の強みは何かを考えてみる事にします。 自社/自分がなぜここまで事業/生活を続けて来られたのか、ただ単に運が良かったのか、時代が良かったのか、業種業態が良かったのか、それだけでは経営/生活は続かないはずです。 自社/自分がこれまで成し得た要因を考えて整理して、自社/自分のコア技術/得意なもの/長所やサービスは何かを知ること。そして社員のみなさんと/大切な人と共有して、次に繋げて行く取組みに落としていくことが大切だと思います。

コロナ感染症の拡大を受け、時代が大転換期に突入している現在、その自社/自分の強みをさらに強化し取り組んで行く事が重要であると考えます。 売上げがこれ以上望めない、仕入れも下げる事が困難だ。利益なんて到底出ない‥ ではどうしたら良いのか。 それはコストを下げる仕組みを考えるしかありません。

エコアールの例を出しますと、現在、例えば1台の車を解体処理するために、1万円のコストが掛かっているとします。これを半分にするために何をどうしたら良いのかを真剣に考え具現化していくことです。 大量生産、大量消費、大量廃棄。アフターコロナではこのような米国型経済モデルは完全に終焉を迎え、下り坂経済の中においても、きちんとした利益を確保して行けるビジネスモデルが求められます。

今まで何とかなったから、これからも何とかなるでしょ!みたいなノリの惰性で、ものごとを進めて行っては企業の未来は暗いと思います。 仕組みを考え実現化して行くことが重要です。コストを下げて売上げを維持、出来ればUPさせる方法を考える事です。

例えばコストを下げてサービスを向上させることなど本当に出来るのでしょうか? はい、出来るはずです。 技術は日々進化しています。退化して行く事はありえません。デジタルの世界はさらに加速度的に進化して行く事でしょう。であるのであれば、自社/自分はどうでしょうか?

我々の業界は中古パーツや中古タイヤ、中古車両や中古トラック等を国内外の需要家のみなさまに販売して商売をしております。 今や、中古品を買うことは当たり前の時代になりました。では、中古品を購入する人たちはおカネがない人たちが購入するのでしょうか?そうではありませんね。賢い選択をする人たちが中古品を購入する時代となりました。

ここで事例を紹介しましょう。

新品より価値がある中古タイヤとは?                                                                         例 新品10分山 10,000円/本                                                                                中古8分山   3,000円/本 

本来なら20%減っている訳だから、2割引きの8,000円で販売しても良いはずですね。しかし、価格は半値以下です。ここの差が「価値」であり、「賢い人」たちの心をくすぐるのではないでしょうか? もはやおカネがない人が買うという認識は古いのです。賢い人たちが買う中古部品、用品をどのようにさらに世間に広めて行くのか、需要喚起していくのか、訴追して行くのか、我々の手腕が問われるところです。

ダメージ加工の新品のジーンズが今は主流となりました。新品なのに古く見えるように加工して売ります。ここに現在の潮流があるのではないでしょうか? こうなった時代背景、ジーンズメーカーがつくった仕掛けとストーリーを考えてみるのもおもしろいですね。

お客様の喜び➡新たなつながり➡拡がり➡好循環。 好循環の仕組みの初歩、それは何といっても口コミです。 喜びとは感動(想定以上のサービス提供等)の提供です。

コロナ感染症は本当に厄介です。 なにせ移動するな、人に会うなですから・・・ いずれにしましても、アフターコロナを見据えながら、色々な視点や視座でモノゴトを考え、少しずつで良いから出来る事を実践して行きましょう。 新生活様式を取り入れて感染症対策をし、特効薬が出来る日を楽しみに待って、共々取組んで参りましょう!

最悪を想定し、最高を目指し、そして最善を尽くそう!

みなさんいかがお過ごしでしょうか? 世界中の人々の生活を一変させてしまった新型コロナウイルス感染症の蔓延。まさかここまで事態が悪化するなんて、誰も想定していなかったことでしょう。

全く先が読めない世の中になってしまいました。超楽観的な視野に立っても、全世界でこのコロナウイルス問題が落ち着くには、最低3年から5年は掛かると言われているそうです。何といってもターニングポイントはワクチン開発であり、治療薬の開発です。

自粛自粛では人々の生活が立ち行かなくなることは、政治家も専門家の方々も重々承知しているはずです。何十兆、何百兆円の経済対策を打ち出しても、焼け石に水状態であり、経済活動がもとに戻らない限り、この負のスパイラルからは逃げ出せないということもみんな知っているのです。

しかし現状は、自粛とステイホームが唯一の特効薬となり、感染拡大を防ぐ唯一最良と思われる手法だから、経済活動よりも先ず人命を最優先しての処置という事を我々は理解して、指示に従っていくしかないと思います。そして何より自分や自分の家族の命を削りながらも医療に従事してくれている方々に、心からの感謝と深い尊敬の念をもたなければならないと思います。

このような、ある意味新たな時代の幕開けを、そろそろ我々は真正面から受け入れなければいけなくなってきたようです。ある学者さんが言っておりました。実は世の中の8割は不要な「モノ」や「コト」で成り立っている。そして、コロナはこれらの不要な「モノ」や「コト」を全てさらっていってしまったと。。。

実際、確かに考えてみるとそうかも知れません。ブランド品、高級車、外食、旅行、ありとあらゆるエンターテインメント、そして銀座の2号さん。おっとこれは話がそれましたが、確かにこれらがなくても生活して行けるし、必要最低限のお金があれば生きていけます。そして今、これらの業界の方々の生活が、窮地に追い込まれている事も事実であります。

Blue Little Guy Characters Vector Art Illustration. Scientist (doctor, biochemist) holding a big syringe, concept about a vaccine for new virus and coronavirus.

でも、ちょっと待てよ。この8割の不要なモノやコトで世の中って回ってるんだよね?経済って動いてるんだよね?そして何より働きがいとか、生きがいとか、楽しみとか、ここにおカネを使うことで満たされて行くんだよね?お坊さんみたいな高尚な人って少ないと思います。 コロナは我々人類の生活スタイルを縄文時代までタイムスリップさせたいのでしょうか?

どんな時代になったとしても、新たな価値観を創造し、そこにビジネスチャンスを見出して行く。今までの当たり前が当たり前じゃない時代へと変化しています。新たなイノベーションやビジネスが世界中で起こってくるでしょう。絶対強者だった名だたる企業が潰れ、名もない弱小企業が突如として冠を取る栄枯盛衰の時代に突入するのでしょうか?

世の中に必要とされる企業へと変化すること。まさに今、この大ピンチを大チャンスに変えることはできるのか。上下左右360度見渡してみて、新しく困難で窮屈な時代を受入れ、それさえも楽しめるようなことを考えていくこと。最悪を想定し、最高を目指し、そして最善を尽くして行こう!

新しい門出を迎えて

今日は4月1日、新しい門出を迎えた新入社員の堀江くん、数ある会社の中からエコアールを選んで入社してくれてありがとう。また途中入社で現在活躍してくれている多くの社員のみなさん、入社してくれてありがとうございます。

会社の歴史上、このような形でみなさんにお祝いを伝えることは極めて異例ですが、新型コロナウイルス感染症という大きな困難が目の前に立ちはだかり、対策の一環としてこのような形を取らせてもらいましたので、ご了承願えればと思います。

見えないウイルスが猛威をふるい、不安も抱えている事と思います。ただ、これから社会人として長い道程を歩んで行く中、このような不安や困難は必ずと言っていいほどやってきます。

バブル崩壊、アジア通貨危機、リーマンショック、東日本大震災、そしてまだ記憶に新しい台風19号、SARS、エボラ出血熱、書き出したらキリがありません。 しかし、乗り越えられない壁はないのです。

壁を乗り越える事が出来なければ壁を壊してもいい。壁の下を掘ってもいい。壁にハシゴを掛けて乗り越えてもいいんです。みんなと協力して、知恵を出し合い、創意と工夫で対応していくのです。一人で出来る事は限られていますが、組織で出来る事はとても多く、そして大きなことにも挑戦できます。

今はまだ、今日を生きて今日の仕事をなんとかやり繰りすることで精一杯かもしれません。しかし、それでいいのです。今日を精一杯生きて全力で楽しんで下さい。目の前の課題から逃げず、わからないことは先輩に何でも聞いて、わからないことをわからないままにしないで下さい。汗かいてべそかいて恥かいて、そして涙を流した分、必ず成長して行けます。

今日を全力で生きること。その積み重ねが輝かしい未来に繋がって行きます。いずれみなさんも新人からベテランになっていきます。今しかイメージ出来ないかも知れませんが、輝かしい未来を少しずつでいいので、自分の中でイメージして行きましょう。

みなさんには夢があると思います。夢は漠然としていますが、その夢に時間軸をつけてみる。するとそれは目標に変わります。目標があると仕事も人生ももっともっと楽しくなります。

先が見えにくい今ですが、課題は必ず克服できます。自分を信じて、仲間を信じて前進して行きましょう。最後に私が好きな言葉を添えて、終わりにします。「念ずれば花開く」

違った観点からのコロナウイルス

みなさんいかがお過ごしでしょうか?ニュースや新聞では連日コロナ関連のニュースで持ち切りです。中でも先日報道された、志村けんさんの突然の他界は、驚きと衝撃、そして深い悲しみとコロナウイルスの底知れぬ怖さを、我々に突き付けた気がします。子供の頃から慣れ親しんだ、お笑い界の巨匠の死。心よりお悔やみ申し上げます。

さて、業界ニュースを読んでいたら、コロナウイルスがもたらしている違った側面の記事を読みました。みなさんと共有したいなと思いまして、ここに転記致しましたので、よろしかったら一読下さい。

 出口が見えない新型コロナウィルス問題ですが、環境問題に関わっている方には若干の希望につながるお話もあるようなので、今日はそのあたりの話題について。  

災害などの場合でも伝えられることがありますが、衛星写真の解析によると中国で発生している二酸化窒素の量が、このところ目に見えて減っているのだそうです。むろんこれは自動車が走らず、工場が動いていないことによるもので、同様にCO2の排出量も低下しているものと思われます。  

そしておそらくこの効果は全世界的に発生しているはずなのですが、いつまで続くかにもよるものの、もしかすると気候変動に関わるモデルに影響を及ぼす程度の変化がもたらされてしまうのかもしれません。経済活動の停滞と言う大きな代償を支払う変化ではありますが、物事は一から十まで悪いことばかりではないという格言に沿ったものの見方としては、ある程度うなずけるところもあるように思います。  

興味深い影響があると言われているのが航空運輸業界です。コロナウィルス騒ぎが起きる前の事ですが、世界の航空会社は2019年と2020年の実績値平均を目安としてCO2排出削減を行うことに合意していたのだそうです。予想していなかった事態によるものとはいえ、2020年の実績値は大きく落ち込むことが確実視されており、もしその数値が有効になるとすると、2021年以降の航空運輸業界はとても大きな排出削減義務を負うことになってしまいます。特殊事情ということで合意の見直しが図られる可能性が高いようですが、ウィルスの影響はこんなところにも及んでいる、と言う事例です。  

環境問題とはいささか距離がありますが、大きな変化が生じているのは「働き方」だと思います。この騒ぎでテレビ会議の有効性が一気に認識され、関連するサービスを提供する会社はどこも大きく需要を伸ばしているようです。集音マイクやマイク付きヘッドセットなどテレワーク関連の商材もそうですし、グループウェアやセキュリティ関連の会社はどこも好業績を記録するのではないでしょうか。しかしそうすると、せっかく働き方改革で早く帰宅できるようになったのに結局「家で仕事」という縛りが復活する可能性も否定できないため、ちょっと注意が必要ですね。  

話を環境に戻すと、注目されるのが経済の不振を打開するための財政政策です。日本のみならず世界各国で財政を動員した公共投資案件が数多く実施されるものと思います。代表的なところではインフラ、電力、都市開発などですが、これまでのような化石燃料依存型のものも提案されると思いますが、新たな財政出動を伴う場合には「ESG投資」の縛りを受けたものになる可能性もあるわけです。  

つまり発電所なら火力発電ではなく太陽光などの再生可能エネルギーとなり、ビルを建てるならネットゼロエネルギーの認証を取る、都市開発であればコンパクトシティ化を進めるなど、時代にあった対応が提案される可能性も高いということです。ポイントはその効果がどこまで波及するか?ということであって、先進国だけが頑張っても限界があるわけです。むしろ途上国で、環境配慮型の投資が行われるようだとだいぶ様子も変わってくると思われます。  

このような政策の方向性を議論されるはずだったのが今年後半に予定されていたCOP26ですが、すでに延期の方向で関係者間の調整が始まっているそうです。本会議もさることながら、これに先立つ事務レベルでの準備会合でさまざまな課題が話し合われるため、注目されるのはむしろそちらかもしれません。テレビ会議も駆使していただいて、ぜひ遅滞ない積極的な議論を期待したいですね。

(The Economist 3月26日号 ’The epidemic provides a chance to do good by the climate’ 参照) ***西田 純(環境戦略コンサルタント)  国連工業開発機関(UNIDO)に16年勤務の後、2008年にコンサルタントとして独立。サーキュラーエコノミーをテーマに企業の事例を研究している ***

それでも前へ進んで行こう

みなさんいかがお過ごしでしょうか? すっかりごぶさたしてしまいまして、久しぶりの投稿となりました。

新型肺炎コロナウィルスが猛威を振るってまいりました。得体が知れないから本当に恐怖です。温暖化の影響からでしょうか、去年に続き今年の冬も一回も雪が降っていません。地震もここ最近頻発しております。怖いですが、我々人間がわからない所で、大きな何かが動こうとしているかも知れません。

普通ではないことに慣れて来てしまった我々人間に、神様が早く気付いて!と警笛を鳴らしているのでしょうか?

自分だけ良ければいい。他人や地球なんて関係ない。どうせ自分ひとりだけが取り組んだところで大勢に影響なんてない。こんなことを考えている人たちが増え過ぎてしまったようです。全て他人事。一人で生きていける。面倒くさい。うざい。etc…

今からでも遅くはないはずです。一日一善。他人が喜んでくれる取組みを1つでいいからやってみましょう。困っている方がいたら手を差し伸べてやりましょう。笑顔で自分からあいさつしましょう。とにかくこんな時だからこそポジティブに、前向きに、明るく楽しく元気よくです。みなさん、ハリキッテ行きましょう~\(^o^)/

今年もありがとうございました

みなさんいかがお過ごしでしょうか? 忘年会続きで肝臓弱ってないでしょうか?2019年、令和元年も残すところ僅かとなってきました。あけましておめでとう!って言ってたと思ったらもう、よいお年を!ですから月日が経つのは本当に早いものです。

今年も様々なイベントやニュースが舞い込んで参りましたね。その中でも、やはり今年一番のニュースは天皇皇后両陛下のご即位だったのではないかと思います。日本国民のみならず、世界の方たちも祝福してくださり、新たな時代の幕開けを大いに祝いました。

令和二年はいよいよ東京オリンピックが開催されますね。人混みと渋滞が苦手な田舎者のワタクシは、自宅のテレビで観戦&応援する予定ですが、日本代表選手には大いに頑張って頂きたいと思います。

最後になりますが、今年一年ありがとうございました。社員共々心よりお礼を申し上げると共に深い深い感謝の念をお伝えします。それではまた来年お会いしましょう、よろしくお願いします(^o^)/

もう11月ですね

みなさんいかがお過ごしでしょうか?気付いたらもう11月。令和元年も残す所2ヶ月を切ってきました。みなさまにとって素晴しく記念すべき令和元年となりますよう、栃木の空の下よりお祈りいたします。

この作品は現在、足利市にある友愛会館内に展示してある、相田みつを先生の作品です。地元足利市を代表する詩人、そして書家です。

人間なんて、上を見ても下を見てもキリがありません。まさにこの言葉の通りで、しあわせはいつも自分のこころが決めるものだと思います。

常に前を見て進んで行きましょう。たまに間違った自分がいないか後ろも振返って行きましょう。

三歩進んで二歩下がるでいいじゃないですか。一歩は確実に進んでいるわけですからね。さぁ、今月もハリキッテ行きますか~\(^o^)/

逃げていい、生きているから by ゴルゴ松本さん

みなさんいかがお過ごしでしょうか?朝晩はすっかり秋めいてまいりましたね。風邪をこじらせてしまっている方も多いようです。みなさん、お体ご自愛下さいね!。

さて、ゴルゴ松本さんと言えば体を張った芸で我々を楽しませてくれる芸人さんですが、僕はあの辛い料理を最後まで完食するすごさがヤバイと思ってます。仕事もプライベートもあれ位気合入れないと、やはり、ホンモノにはなれないのでしょうね。

そんなゴルゴ松本さんが漢字を文字った授業をあちこちで開催しているのはみなさんよく知っていると思います。中でもこの「兆」のお話は共感できるものがありますので、ここでご紹介したいと思います。

「兆」という字がある。例えば学校でいじめに遭って、今、君は死ぬか生きるか、その両方の兆しの中にいるぐらい悩んでいる。そんな時は今の自分の状態を、目偏を加えて「眺」めてほしい。

つらいな、嫌だな、死にたい。そこまで追い込まれているなら、今度はしんにょうに変えて「逃」げていい。逃げるという選択肢は、生きているからできる。自分の命を守るためなら、学校も行かなくていい。逃げて、周りをもう一度眺めてみよう。

落ち着いたら、今度は自分が成長できるように、手偏に変えて、人生に「挑」んでいけばいい。

本当は自分の意思や思いを言葉で伝えられるといい。「意」という字は、「音」に「心」と書く。自分にしかわからない心の音を見せよう。

両親や先生に気づいてもらえるように、手紙やメールで文字にして伝える。でも、それもできない時は涙を流す。生きたいと思って下を向いて涙を流していたら、きっと、誰かが気づいてくれるから。

ゴルゴ松本さんの命の授業より