まず隗より始めよ「まずかいよりはじめよ」

みなさんいかがお過ごしでしょうか?前回のブログ(ササの結婚式)では、大きな反響をいただき我ながら驚いているところです。やはりキャスティングが良かったのでしょうかね?恋済みくん始め、新たにいじりがいのあるやつも続々登場してきましたので、今後ますますこの場が盛り上がって行く事間違いなしです(笑)。

さて、「先ず隗より始めよ」ってみなさん聞いたことありますよね?現在では、「言い出しっぺから始めなさい!」って意味ですが、本来は「手近な私から始めなさい」という意味だったらしいです。この話しの内容は「戦国策」という書物に書かれていますが、内容はざっとこんな感じです。

昔々の紀元前4世紀頃、燕(えん)の国は隣国の斉(せい)に国土の大半を占領されていました。国王までもが殺されてしまうという事態に陥り、即位した昭王(しょうおう)は危機感を募らせ、国力回復には先ず優れた人財を集める必要があると思い、郭隗(かくかい)という宰相(さいしょう→王様を助け政治を行う人)に相談したそうです。

すると、郭隗は昭王にこんなお話しをしたそうです。

昭王、こんな昔話しがあります。

昔、ある君主が千金を出して1日に千里走る名馬を買おうと思いましたが、3年経っても見つけ出すことができませんでした。すると宮中にいたある男が進み出て来て、それだったら私が買って来て見せましょう!って言ったものですから、君主はその男に全てを賭け、千金を渡して買い付けに行かせたそうです。

その男はとうとう千里の馬を見つけることができたのですが、残念ながらその馬は一足違いで死んでしまっていたそうです。しかし、その男は何を思ったかその死んだ馬の骨を五百金も出して買って戻ってきたのだそうです。当然、君主は大怒り!なんで死んだ馬の何の価値もない骨なんかに、そんな大金を払って持ち帰ってきたんだコノヤロー!と、怒ったそうです。

しかし、その男はこう言ったそうです。

‥少々お待ちを。死んだ馬の骨でさえ五百金もの大金で買い取ったのですから、生きた馬であればもっと高く買ってもらえると考え、その噂は瞬く間に広がり続々と素晴らしい馬たちが君主のもとに集まるでしょう。

すると一年も経たないうちに、千里の馬をたずさえた者が3人も来たそうです。

そして郭隗はこう言い続けました。

今、昭王が賢者を集めたいとお思いならば、まずこの郭隗を重く用いることです。あの隗でさえあんなにも厚遇されているのならばと、私よりも優れた人物がどんどん王のもとに集まることでしょう、と。

昭王はその話しを聞き、すぐに隗のために立派な宮殿を建て、礼遇(れいぐう→礼を尽くしお・も・て・な・しすること)したそうです。すると、その噂は国内のみならず各国に伝わり、趙(ちょう)国の名将である楽毅(がくき)や劇辛(げきしん→後の燕国将軍)、陰陽学者など優れた人物が集まり、ついに昭王は斉の国を破る事ができたのだそうです。

先ず隗より始めよ。この言葉に込められている意味、中々おもしろいですね。

「身近な私から始めなさい」という意味だったのが、どうして「言い出しっぺ」から始めなさいに変化していったかはまた次の機会に説明するという事で(いつになるかは不明)。さぁ、今年最後の月となる12月に突入しました。締めくくりの月として共に気合い入れて頑張って行きましょうね。今週もハリキッテ行くぞう~!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です