自分一人の考え

みなさんいかがお過ごしでしょうか?春の訪れはもうそこまで来ていますね。桜の開花の便りと共に、スギ花粉の勢いも日毎に増して来ており、花粉症の方々はさぞお辛い日々を過ごしている事と思います。ワタクシもそんな中の一人ですが、スギ花粉のみならず、女性とお金とアルコールのアレルギーもなんとか治したいと思っている今日この頃です(そんな訳ないか・・・)。

さて、今の自分の一人の考えがなんてチッチャイことなんだろう!って気付く時ってありませんか?この世の中に共通、または不変の常識なんてものはありません。今日の常識は明日の非常識であり、自分の常識は他人の非常識でもあります。所変われば品変わるって言葉の通り、国や地域、年齢や性別、同じ会社でも職場が違うだけで常識が非常識になってしまう事がたくさんあります。

また、できの良い人ほどこの常識という言葉を使いたがるものです。常識という金看板のもとに、自分の考えを弱い立場の人たちに押しつけることが往々にしてあるのです。しかし、この場合の常識とは自分自身が今までの経験からつくりあげた独自の考え方にすぎないという事。そして、この常識とは常に打破すべきものであり、自分にとって新たな常識をつくっていかなければならないと言う事に気付かなければならないと思います。

いつまでも過去の常識に捉われていれば、非常識な人間になってしまいます。常に新しいものを創り出す勇気が必要であり、今が良いからと言って現状に安住してしまってはいけません。現状維持は後退であり楽しい事は何もありません。今が良いからいいではなく、10年後にはどうなっているのか想像していく事が大切です。

こんな時代だからこそ、今を変えて行く勇気、そして何より変化に対応できる力を養っていく事こそが、今後生き残っていく鍵だと思ってます。不変のための変化、大切ですね。さぁ、今週もハリキッテ行こう~(^_^)/

自分一人の考え”への 2 件のコメント

  1. ノビーさん、おはようございます。
    おかげさまでスクスク伸び伸びと育っています(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です